スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
またもや・・・
2012年5月5日 天候: 釣り場:A岸壁 対象魚:なんでもあり エサ:青イソメ


GWもぼちぼち終わりかけの土曜日、行けるとは思ってなかったけど行けましたGW中ということなのか、A岸壁の入り口は
全て閉じられていましたしかしそんなことでやめるわけがない我々二人適当なところへ完全路上駐車
荷物だけもって歩いて中へ

我々だけかと思いきや・・・もう一人一番西側でウキ釣りをしてました。
到着はやや早めの10時半頃。風はなし、ゴミはなし、波は西から東方向へやや強め。すぐにベタ凪に変わったけどね
エサはイソメで今日は頑張るつもりの600円分出かけ前に嫁さんに「今日はもってかえってくるぞ」と

自らプレッシャーを与え、半ば【背水の陣】バリの覚悟で挑む今日また負ければ
今期開幕以降ずっとボウズ・・・(もうシャレにならん!!)しかし・・・タイトルでもわかるように・・・はい、そうなんです・・・。
またもやボウズなんです

出だしはよかったような・・・なんか竿があたりっぽい動きをしたので(今日はいけるか?)とか思ってました。
しかしダメ相方の方は相変わらず竿3本用意して1本をもって探り釣り。残りの2本は置き去りで
僕と同じ待ちスタイル。

僕も今回はプレッシャーを自らかけてきたのでいつもはしない釣り座を移動しながら広範囲を狙ってみた。
タナを変えてみたり房掛けっぽくしてみたりと結構アレコレ施してみた。
いつもやらないことばかりしてるのでなぜかつれてもないのにテンション

なぜかいつも以上に楽しかったぞたまには趣向をかえて釣りするのもいいのかも。
なんでもそうやけど【マンネリ】はあかんねそんなこんなで色々しているとなにやら相方の竿に
動きがあった。なにかを手にぶら下げながら戻ってくる(なにを釣った?)

ラブリーセイゴちゃんでした。大きさは測ってないけどおそらく20cmぐらい。これは即リリース。
我々も最初にくらべ贅沢になりました。釣ったものは全て持ち帰って食べてたのが、今や大きさそして種類による
【ふるいかけ】なるものがある。

狙いはあくまでチヌかキビレなのである。しかしその後もう一発相方の今度は置き去りにしてた竿から
軽快なドラグが回転する音がっなにかがイソメをくわえて引っ張りだした
このエサをひったくっていく感じはそう・・おなじみ【セイゴ】こいつは大体わかる。

後は大きさだけ。上がってきて計測・・・35センチで~す。ハネまであと5センチ及ばずのおしい【セイゴ】
こいつは持ち帰りサイズと断定されてストリンガーへひっかけてそのまま海へポイ。
このセイゴを最後に我々の竿はお魚さんを感じることができませんでした。

かえりの車内【夜釣りイソメ限界説】&【A岸壁限界説】が出た。
わからんでもない。チヌ狙いなのに青イソメに全権を任せているのは・・・どうなんやろか?
しかし始めは釣果は2の次的な感じでスタートした我々の【ほぼ週1南港夜の釣り会】(タチウオは別)

そろそろ次のステップへ行くところまできているのか?エサをダンゴにして中にコーンでも忍ばせてやろうか?とか・・。すこし上のランクのエサに行きかかっている。エサをかえてガチで釣りを楽しむのか、イソメのままで
運命的出会いを楽しむのか。

僕はどちらかというと【イソメ】で運命的出会いを楽しむ方がスペクタクルな気がする
次やるべきことは釣り場を増やすほうが先かも・・・。
A岸壁夢舞大橋というおきまりコースよりももっと近場で釣りやすいとこあるかも。

これは【要相談】ってことで。今回はここまで。


次回のブログ担当の時は釣れました~って書けます様に・・・

Kでした。





スポンサーサイト
A岸壁 | 09:42:46 | トラックバック(0) | コメント(5)
根がかり地獄
2011/4/21 天候/ 釣り場A岸壁⇒夢舞大橋(橋下)対象魚:チヌ&ガシラ エサ:青イソメ

やっと・・やっとダウンなしで夜中に釣りができるぐらい気温があがってきました
ただ水温はどうなんやろ?正直気にしてません水温が低かろうが高かろうが、僕は全く気にしてません
自分の気分やテンションによって棚の設定を深くしようかな?浅めにしようかな?その程度です。

しかし今回はどの棚をとってもまっているのは「根」でした。どういうことかというと・・・


最初の釣り場はホームのA岸壁へ雨が降るという予報だったので最初から夢舞の橋下へ行く予定だったのですが、
の野郎が降ってなかったので急遽ホームで竿を出す事に慣れてるところがやりやすいので。
到着は23:30分頃。雨なし風なし波なしゴミなしうってつけの状況。

今回はズボ釣り専用の竿はもってきてなかったので先端の50cmぐらいが折れて短くなった竿でウキ釣りです。
相方はいつものようにお気に入りの赤い竿でウキをつけての探り釣り。
相方の狙いは今回はガシラ。僕はなんでもいい。

とりあえずイソメをつけて探り歩いてました。「どこにおるんやろ?」ってぐらい歩いてました。
しばらくすると狙い通りのガシラをブラさげて「狙い通り釣れた」と帰ってきましたが、
そのガシラどうもお腹が大きくなんかメスっぽいという理由でこのガシラはリリース(余裕あるね

僕のほうはというとあいかわらず海をながめるだけ・・・(またか・・・)
そんなときにポツポツと雨がふりはじめた。このままここにいると雨にさらされるな。ということで最初からの予定の
夢舞大橋の橋下へ

向かう途中の信号にほとんどひっかかることなくスムーズに移動完了これにはビックリしました。
夢舞大橋到着。たしか1時過ぎだったような。雨はもう全力で降ってます。橋の下にいても場所によっては雨がかかることも。
さきに先客が2人。めずらしく男女の組み合わせ。

橋下の一番西側を陣取り、釣っておられました。帰るまでにおそらくセイゴだと思うけど、釣ってました。
僕らは相変わらずウキ釣りでエサは青イソメ。相方もここでは探らずに投げ、たまに傘をさして
お気に入りの一番東側へ行って投げてそのまま放置。遠くからウキの沈みだけを見る。

しかしこの場所、特に思いっきり引き潮の時の橋下はもう根地獄です。手前は最悪奥の橋脚あたりもダメ。
かといって真ん中あたりも深すぎるとダメ以前は手前側をウキで流しっぱなしにしてたらガシラがおもしろいぐらいに釣れました。

そのイメージでやっているといきなりウキがストンを落ちる。中々上がってこない。(きたっーー!!)とよろこんで
渾身の力であわせをいれる。しかしこれが単に根がかりしてるだけ。運よくスッと抜けて上がってきたら
イソメは無傷。かじられてもいない・・・

一回だけウキがストっと下がったときがあって「またか・・・」と思いクルクルまわしていたらグイっと引っ張られた!!
本当たりやぁあわせをいれるもスッぽぬけさすが素人。こんな偶然に弱い。
相方はいつものようにマイペースでガシラを1匹追加(なんでこんな状況やのに釣れるんやろ?)

すごい・・・。ほんまにすごい・・・。相方的には全く満足のいく内容ではないんやろうけどすごいです。
こっちのガシラは持ち帰りになりましたその後何度かアタリのように思える根がかりをして
気持ちが萎えてしまい納竿。

なぜか暖かくなると夜中でも眠たくならず、最初から最後まで完投・・・そして釣果は完封
またも今シーズン開幕したての時のジャイアンツのように0行進。これで今年入ってから3回目か4回目の
完封負け

1回だけ本あたりを経験したのでこれからやなっと前向きに考え、次回に期待する俺。
ではまた次回のブログ当番の時に

Kでした。
















A岸壁 | 12:51:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
贅沢になっていくキモチ…
2012年3月17日 天候 / 対象魚チヌ 釣り場A岸壁

数時間アタリがないと、場所を移動したくなる。
移動した先でアタリがないと、もう帰るかとなる。

以前はそうではなかった…
たとえアタリがなくとも、朝まで竿を出し続けていた。
もしくは、餌が底をつくまで竿を出し続けていた。

少し反省をせねば!
短気は損気。

まぁ、そんなことを考えながらA岸壁へ到着@23時過ぎ

我々の釣りは、技術に裏打ちされたものではなく、奇跡の出会いを楽しむ釣り。
先週は何も釣れなかったが、今週はミラクルが起こるのでは!
と、ワクワクしながら仕掛けを落とす。

…あたりがなーい(>_<)

ということで、移動移動移動を繰り返し…

A岸壁→A岸壁とB岸壁の間→夢舞大橋下→常吉大橋下→帰宅

「結論」
短気は損気なのである!
はい、何も釣れていませーん!

written by Allora.


A岸壁 | 23:51:32 | トラックバック(0) | コメント(2)
シャットアウト!
2012年3月9日 天候 / 対象魚チヌ 釣り場A岸壁

少し、ほんの少~し寒さが和らいで、昼間が大分暖かいのでこれはもう行くしかないやろ?ってことで

行ってきました。僕らのホームグラウンド(勝手にですが)A岸壁

対象魚はもちろんチヌ前回の釣行で初めてハネをGETした我が相方。

今年もおそらくミラクルを起こしてくれるはず

そんな期待もありながら今回は前回と違いフル装備で現場へ向かう。

到着は午前1時頃。前回よりも寒さはだいぶマシ。前は足先がガチガチに冷えたので今回は足張るカイロを持参。

しかしこれは全く用なしってぐらい寒さがましでした。少し風があり、雨あがりの海なので

ゴミは漂い、流れは速すぎ、岸壁ギリギリを狙う僕らにはだいぶ悪条件相方はウキを付けた

状態での探り釣り、僕は相変わらず、ズボ釣り。今回はズボのスタイルで探りもやってみました

雨上がりの海のセオリーは底狙い。いったん一番下まで仕掛けを落とし、少し巻いてそこギリギリを這わす様に

して岸壁際を歩きながら探っていく、気分でちょっと高いタナにしてみたり、相方も竿を上げたり~下げたり~

しながら丁寧に探っていく。しかししかしである、今回のA岸壁には全く生命感を

感じることができず、到着後、約1時間で場所移動することに。向かった先は南港大橋

ここでもう一度チヌを狙う事に。しかしここでも生命感を感じることは無かったが、一番先の常夜灯下あたりで

やっていると、魚の群れが見えた。なんの魚かはっきりとはわからなかったが、僕らの垂らすエサを

目の前にしてもシレ~っと通り過ぎる遊泳ぶりしかし魚を見れたってことで我々のテンションは

少し上昇ちょっとヤル気になってもう一度場所移動。次は夢舞大橋へ

ここでの釣り座は相方は一番西側でチヌ狙い、ぼくは狙いをガシラに変更して以前釣果が良かった橋下へ、

しかしここでもお互いに生命感を感じることはできず、うっすら感じていた、〇ボーズ・・・。

釣り上げるどころか二人とも一回としてアタリもない完全シャットアウトでした。

敗戦覚悟で行ってはいたが、これほど見事に押さえ込まれると、お魚さんはほんまにおるんやろか・・・。

と、疑わずにはいられないくらい(自分の腕がわるいわけじゃないと思いながら)打ちのめされました。

雨上がりがダメなのか、まだ時期がよくないのか、行く時間が悪いのか・・・。しかし諦めることなく

通い続けますよ。我々は

次回必ずリベンジ決めますKでした。



A岸壁 | 15:40:04 | トラックバック(0) | コメント(4)
2012年 初釣行☆
冬の海は、寒い…
冬の海は、生命感に欠ける…
そんな冬の海のイメージ。
というか、冬の南港のイメージ。

でも、いつものA岸壁に到着~♪
今年初である♪
青イソメは弱気な300円。
もちろん、タモは持参していない。
そう、釣れるなんて大して期待していない。

潮の流れは弱め、そして微風。
極寒ではないが、足先指先鼻先、冷える。
ちなみに竿先にも反応はなく、サムイ状況。

こうちゃんは、釣り座をあまり変えずに
待ちスタイル。

僕は、少しでも可能性をということで、
岸壁沿いを落とし込みスタイル。

当初の釣り座から100mほど探ったポイントで、
テンションは落ち込み、しばらく放置プレイでもと
竿を置いた瞬間っ!

ウキがガツンと沈んで、沖へ走る!
まぁ、例によってチビセイゴでも来たかと思っていたら…
走る走る!
ドラグをちょいと締めて、巻いてみると結構重いぞっ!
でも、タモがなーい(><)
貴重な一本、しかも今年最初の1本を幸先悪く逃すわけにはいかない。

仕方ないので、えいやーと強引に引っこ抜く☆
上がってきたのは、セイゴかハネ。どっち!!?

ちなみに我々、セイゴ止まりでいちどもハネを釣ったことがない。
最高は37センチ…

でも今回は少し大きくないか?40センチあるんじゃないか?
初ハネか~!!っと盛り上がるが…

その後、アタリ無し。
A岸壁端の常夜灯下に移動するもアタリ無し。
夢舞大橋下に移動するも、釣果無し。

帰宅後、オンリーワンの釣果を計測したところ…
42センチ!!ギリですが、ハネでしたー♪
初釣り、初ハネ、幸先よし!
今年は良型のチヌが欲しいな♪
初はね


本日の釣果(タナは2ヒロより深め)
 ハネ 1匹(42㌢)(T)

written by Allora.

A岸壁 | 11:38:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。