スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
こない春
2012年6月2日 天候: 釣り場:貯木場 対象魚:チヌ&キビレ エサ:青イソメ

気のせいだったのか・・・ようやく我々にも春が訪れたと思ったのは・・・
今回は前回とは違う側の貯木場へ行ってきた
到着はちょい遅めの1時前。Tポートでやる気のイソメ大600円分を購入し現場到着。

初めての場所なのでとりあえず一番奥の常夜灯の方へ。向かう途中に先に来ていたルアーマンに
「こんばんわ~どうですか~?」ときまり文句をいいながら今日はどうなのかをヒアリング
「アタリすらないですわ~」とこれまた聞きなれた我々的には言いなれた言葉が返ってきて

若干の心地よさを覚える常夜灯の下にも一人のルアーマンが。
こちらにも同じようにヒアリングして同じような回答なるほど今日もアカンか・・・。
かなり濃い目に脳裏にボウズの3文字が浮かぶ。

しかしやる気は十分いそいそと仕掛けを準備。第1投目。またまた流れはやすぎ・・・
投げたところからみるみるうちに西へ西へ流れる流れる(ダメだこりゃ・・)ぼくは速攻で
流れの緩やかな方へ移動

こちらはほぼ動くことなくウキはプカっと浮かんだまま・・。眺めるも長くは続かずちょっとほったらかしにして
まわりを見る。相方が・・・なにやらタモを使っているのが見えたまたミラクルきたかっと思いながらウキに目をもどすと・・・ジッワ~と水中へ(こちらもきた~

ゆっくり糸を巻いてたるみを取りちょっとテンションがかかったところで一気にあわす
しかしこれまたすっぽ抜け・・。なぜ?沈んだままやったのにあわせたらすっぽ抜けて・・・
イソメはしっかりかじりとられており悲しいぐらい小さくなっている。

相方のところへイソメ補充にいくとバケツの中になにやらガチっとした物体が(なにこれ?)
よくみるとなんとカニしかも結構でかい
この人はタモでもミラクルをおこせるのか・・・。(すっげ)

これ何ガニ?手が苔に覆われていかにも「よく切れます」バリのはさみ
そんなカニをなんと2匹も捕まえてます。しかもタモで
しかし肝心のお魚さんには出会えず。この後ちょっとがパラパラと。

(潮時か・・)移動を決意。道具を片付け雨のかからないところへ移動して今度は西へ向いて竿を出す。
移動したというかちょこっと場所を変えただけ。こんどは北から南へゆ~っくり流れる感じ。
ウキを眺めていたら急にストンと。まさにそこ落とし穴ありますよ~って感じでストンって。

千載一隅のチャンス一気にあわせる・・・がこれまたすっぽ抜け(またかよ・・)
相方も思わず「はやいって・・・」とダメだしそうか・・はやいのか。
その後相方の竿にアタリが「なんか引いてる

我々アタリからも遠ざかっているためアタリがあるだけでもテンション
なんか重い。巻いて巻いて・・・バレた・・・。感覚的にはハネ級の重さ。ちょっと悔やまれる。
そしてもう一度さっきストンってなった場所でもういちどそのストンがきた。(やっぱなにかそこにいる)

しかしやっぱりダメ。イソメだけがない。この感じはもしやチビレか?以前おなじようなことが南港大橋であった
そのときはチビレだったので。その時はしっかり釣り上げたが今回は釣り上げれず
6月の初戦も完敗。帰りの車内で去年もこんな感じやったっけ?と相方。

僕の携帯に画像が3枚入っていたのでそれを頼りに記憶を辿る。どうやら2011年は7月ぐらいから釣れだした感じ
(もうちょいか)釣り場も原点にもどる必要があるか?ならばカモメか・・・。
次回はカモメかあるいは別のところか。

なんにしても我々の夜は明けてないし、春もきていない。
しかし明けない夜はないしこない春もない根気よく竿をだすしかない
今週もリベンジじゃ

ではまたブログ当番のときに・・・。

釣れないKでした。
スポンサーサイト


平林貯木場 | 18:14:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。